日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

乾物と野菜でおいしさを味わう会

いつもの料理教室ではなく・・・だし教室でもなく・・・・家でこの中間的な会を開いてみた。 (両方の教室が満席になった為に・・・・。)
d0173368_3503933.jpg

5月を迎えて季節も夏直前だ。これから身体のためにも辰巳芳子先生が言われるように、身体をしゃんとさせる為にも努めて食事をとっていく必要があると思う。乾物と出汁にこころを込めれば・・・・それも思うほど難しい話ではない。   
                             *メニュー*
                          黒米とひじき入りごはんのおむすび
                          大豆たんぱくのから揚げの甘酢
                          なすのちゃせん煮
                          煮干と水菜の煮浸し
                          筍と椎茸と絹さやの白和え
                          吸い物 (乾燥ゆば・みょうが)
                          
d0173368_445251.jpg

なすのちゃせん煮は、だし汁(昆布とかつお厚けずり)に酒・みりん・醤油を各大さじ2、塩小さじ1、桜海老大さじ2で1時間煮含める。 最初に桜海老を空炒りするのをわすれずに・・・・。
d0173368_4103763.jpg

今回特にメニューに取り入れたかったのは「大豆たんぱく」のおいしい食べ方だ。ノーミート料理には、この食材は使えると思う。お湯で30分以上最初に戻しておく準備が必要だ。それを軽く搾った後の下味として、酒大さじ1、塩小さじ1、こしょう、しょうがの絞り汁1に15分ほど浸ける。衣に卵1ヶ、片栗粉と小麦粉カップ1/4、ごま油小さじ2を入れて混ぜてから油で揚げる。 同時に甘酢を作っておく。長ネギ10~15㎝分をみじん切りにする。酢・だし汁・各カップ1/4、砂糖大さじ2をなべで煮て溶かしておく。  揚げたての大豆たんぱくを甘酢液にどんどん入れていく。皆さんに好評だった。から揚げだけだとぱさぱさするが甘酢が一つにまとめてくれていい塩梅だ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-08 04:26 | ともだち