日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー

2011年 10月 14日 ( 3 )

高校時代からの・・・ともだちのさよちゃん。  いつも「三陽」さんにいくと・・・・・おもしろい商品と出会う・・・・。

このあいだ偶然「三陽」さんで出会ったお客様に帯のハギレでわたしも手提げ袋を作って頂けることになった。
頼んであった方から出来上がったので、今日御店にみえるので・・・・とさよちゃんから連絡を貰い飛んでいったのだった・・・・・・。
              ・・・・・・・すばらしい出来上がり! 工房いにしへの先生からも「どうしたの?その素敵なかばん・・・。」と言われた。
d0173368_94875.jpg

   日本の技術はすごい。  この表生地の値段だけだと一枚500円。  正絹ではありません。お人形を作られるかたたちが多く三陽さんに買いにみえられるようだ。
d0173368_1032322.jpg
  

d0173368_9521215.jpg

・・・・・・これは、さよちゃんが温泉とか、お風呂屋さんにいくのが大好きなのだ。  ビニールでできていて着替えとかシャンプーとか石鹸を入れて持って歩くのにもおしゃれ~。  真ん中がメッシュになっていて濡れたタオルをいれてもいいかんじに使えそう。  旅行に便利そうだ。   これはよく売れているそうだ。

また、その時にかわいい「てぬぐい」の柄をさよちゃんといっしょに選ばせてもらったのだった。  後日、そのてぬぐいをみせてもらいに出かけた・・・。
d0173368_1013195.jpg

あたらしいデザインをとりいれながら日本の伝統の柄はあきがこない・・・・。 うちの「乾物」たちとの相性もばっちりだ。   
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-14 10:05 | ともだち

晴三さん

晴三」さんの新作は木札のストラップ。
d0173368_5261135.jpg

d0173368_5264963.jpg


ひとつ、ひとつがはんこで彫られたもので押して作られている・・・・。お茶碗の色や形も3種類。 裏の味噌汁も赤みそ・白味噌。合わせみその3種類・・・・。私が選んだのは「合わせみそ」。 晴三さん自身はおかあさまが信州出身なので信州みそが実際はよく飲むそうだ・・・・。

ほんとうに作品をじっくりみてほしい・・・・。      こころがほっこりする・・・・・・。

・・・・・・ちなみに、「晴三」さんは見目麗しい~若い女性です。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-14 05:33 | ともだち

工房 いにしへ

工房 いにしへ」に来て、無心になって器を直して・・・・・約2時間・・・。 頭の中がなぜかスッキリ!してくる。
そこで出会うかたたちのお話も興味深い。  きょうはOさんが教室に通われて一枚のお皿を修復された過程のレポートの発表を聞かせていただけたのだった・・・・。 
d0173368_1383341.jpg
 
この器はOさんがお仕事で中国によく行かれていたときに「景徳鎮」で記念に購入されたものだそうだ・・・。
誤って破損してしまい、まずはご自分で直して、気に入らず・・・・・。工房 いにしへの存在を知って一年ががりで月に一度のペースで通われて完成された。
d0173368_1445683.jpg

                最初の状態の写真。
d0173368_1463471.jpg


イギリスのカラーフィルの修復技法は奥が深い・・・・。器のもともとの色を作り上げるのに苦心する。 

d0173368_1503913.jpg

                    説明をされているOさん。

    「工房 いにしへ」 のホームページを開いてみるとお試しの体験コースがある。 私もそれではじめたのだけれど・・・・。きょうは、女子美の吉田さんのご主人がきてくださった・・・・。ご自分の家にある器を何個か持参してカラーフィルの技法を体験していらした・・・。

工房いにしへは東京と名古屋に教室があって先生が名古屋と東京を行ったり来たりしている。 ご興味のあるかたはホームページをご覧になってください。  
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-14 01:59 |