日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:食材( 108 )

7月9・10日は大阪にいきます!10日にいろいろな人が集まる南堀江の「萬福寺」に・・・・。だしの素材をいろいろ持って。     あたまとかおFLYのホームページ参照。暑い時なので、鯛にぼし、あじにぼしなどホットプレートで焼いたものやオイルサーディン風に味付けたものを試食してもらい、大阪のひとの感想を聞いてきたいと思う・・・・。どんな会になるのか・・・・・たのしみにして参加してみたいと思う。
[PR]
by morimori42185 | 2011-07-05 01:10 | 食材

黒糖

いろいろある「黒糖」だが・・・・・・大須のみさちゃんのお薦めの黒糖がおいしい!大須にある沖縄の食材を扱う御店まで買いにいってきた。黒糖の違いで、いつもの黒糖くるみの味が違ってくるのだ・・・・。
しかし、残念なことに、粉の状態のものが売り切れていた・・・・。でもこの黒糖の味は最高。
d0173368_1083656.jpg

             本当は、この黒糖が扱いが楽でお薦め。
d0173368_10113981.jpg

d0173368_10244680.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-07-03 10:09 | 食材

セオリーとクロワッサン

どちらも「辰巳芳子先生」が表紙になっている・・・・・。セオリーを探してあちらこちらしたけれど・・・・一番近くの泰文堂で聞いてみたら・・・いつもの料理本のコーナーではないところにあった。お店の方に聞いてみるのが一番だ・・・・・・・・。
d0173368_172019.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-06-24 17:20 | 食材

週刊文春  6月23日号

 「週刊文春 6月23日号」のP128~132まで辰巳芳子先生と阿川佐和子さんの対談記事が載っている。
・・・・・美味しいという感覚は、人間が命を守るために獲得した一つの能力なんです。・・・・・・・・・・・というタイトル。・・・・・・・が凄い!
d0173368_11574362.jpg

今、鳥取の山本房江さんから教わってきた「重ね煮」を作ったところだが、辰巳先生もスープにする野菜も何ミリのことで違うと言っておられる。同じ大きさにそろえて切る・・・。  味が違ってくると確信して辰巳先生は言っておられる。   食べてくださる人のことを思って食材と向き合う。めんどくさい・・・を遠ざける。
後半の記事の中で・・・・・


辰巳  体にいいというか、生きていきやすいものっていうこと。これを食べれば生きられるっていう感性を人間は長い間育ててきた。だからあなたもね、ちょっと自分を育ててみてください。


編集者  そのためには、具体的に何をすればよいのですか。


辰巳  美味しいものに行き当たろうと努力することね。果物でもいい。柑橘類ならどこのものが美味しいとか、季節によってどう変わるとか、食べ比べをしてみる。 それも自分のお部屋で、朝晩ね。外食に本物の果物は付いてきませんから。そうやっていいものを食べて、あなたの感情が動き始めたら、何かが変わるかもしれないわね。

編集者   はい。

*編集者の方は独身の男性で39才らしい・・・・。この方の食生活を聞いて、辰巳先生が「命の底が抜けかかっている~」と表現されていた。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-18 12:24 | 食材
あさイチという朝のTV番組で紹介していて、早速作りたくなった一品目・・・・。「パンの海苔巻きサンドイッチ」だ。
d0173368_20242333.jpg

具材がシンプルなのがいい・・・・・。たまご、アボカド、カニカマとパンと海苔とマヨネーズがあればいい。
持ち寄りの集まりの時に好評だと言っていた。手も汚れなくていいなぁ・・・。
d0173368_20282512.jpg

これは、名古屋の喫茶店ではメジャーな一品。「小倉トースト」だ。 きょうのバターはちょいと違う。東京の丸の内まで行かなくとも「成城石井」で手に入った「エシレ」のバター・・・。女子美のYさん情報により購入した・・・・・・。
d0173368_20313773.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-06-13 20:33 | 食材
d0173368_19262320.jpg

房江さんから新鮮で大きな粒の土付きらっきょうがたくさん届きました・・・・・。鳥取のほんまもんのらっきょう。こんなに新鮮ならっきょうを漬けるのは初めてです。
d0173368_19291714.jpg

すこしづつ、上下を切り取り、ごしごし洗う。らっきょうを丁寧に洗いながら、ビンを熱湯消毒して、その熱湯を使ってらっきょうを熱湯に10秒浸けてからざるに取り、乾かす・・・。それを繰り返す・・・。ゆうに4時間はかかった・・・・・。
ここまでたいへんだけれど、このあとは楽だ。いっしょにらっきょう用のおたふく印のらっきょう酢を房江さんが送ってくださったのだから・・・・・入れるだけなのです・・・・。最後に鷹のつめを入れる。
d0173368_19405999.jpg

・・・・・・・・・・・・・・お湯に10秒浸けたあとの「らっきょう」は輝いてみえる・・・・・・・。
d0173368_19424178.jpg

・・・・・・・3瓶のほかに少し小さな瓶にあと3瓶できました・・・・・。10日くらいあと食べられるようになる。


                        房江さんありがとうございました。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-10 19:46 | 食材

干したけのこ

d0173368_685456.jpg

このごろ「干し野菜」がちょっとしたブームだと聞く・・・・・・。この「干筍」は究極の保存食。旬の筍を歯ごたえといいメンマのような食感といい大好きになった。
d0173368_613136.jpg

九鬼のごま油で炒めたあと酒、ザラメ砂糖、薄口しょうゆで味付けしたあと「焼きあご」を粉末にしたものを入れて炒める・・・・・。「焼きあご」はいい塩梅の味付けにしてくれる・・・・。これは焼きあごでなくっちゃ。

d0173368_622197.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・すてきな器に盛り付けられた房江さん特製の「干筍とあごの炒め煮」。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-09 06:17 | 食材

一宮散歩

愛知県・一宮は繊維の町。そして、「三岸節子美術館」のある町・・・。美術館では今日から女子美の支部展のオープニングなのです。夜20名くらいの女子美の方たちが駅前のクラシックホテルに集まって会食をしました。すこし早く着いたので駅前の商店街をぶら~とした。 商店街の近くには「真清田神社」がある。
何年ぶりだろうか・・・・。ここまで来るのは・・・・・・・・・。
d0173368_3592534.jpg

真清田神社(ますみだじんじゃ)から続く商店街を散策だ・・・・・。ここの中には本格的な乾物を扱う「安藤鰹節店」があるのだ。マルト安藤さんと私は屋号でお呼びしている。
d0173368_44528.jpg

                           ご主人と奥様です。
d0173368_445999.jpg

昆布・煮干・椎茸・・・・・・・やっぱりけずりたての鰹節。お願いすれば鰹節の扱い方や削り器での鰹節の削り方も教えてくださる。   お忙しくないときを見計らって・・・・。
d0173368_410349.jpg

d0173368_4105455.jpg

・・・・・・・・名古屋まで安藤さんは仕入れにいらっしゃる・・・。うちで仕入れた国産桜海老・鯵にぼし・田作りも店頭に並んでいる・・・・・・。なんだかうれしい。
d0173368_4162178.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-06-08 04:16 | 食材
d0173368_1802884.jpg

・・・・・・・・・山本さん家のみんな大好き「ポテトサラダ」ができる・・・・。
そのための一時間が必要だけど・・・・・。これさえあれば、大丈夫なのだ。
d0173368_1831751.jpg

マクロビオティックの作り方で椎茸2パック、玉ねぎ3ヶ、にんじん1本を海の塩で重ね煮を作る。丁度一時間弱火で焦がさないように煮るのです。  今度の料理教室は、この作り方で料理をする予定。
d0173368_189519.jpg

火にかける前におまじないをする・・・・・。房江さんにあとから教えていただいた・・・・・。
 
                   「あめつちのお恵みと
                    
                   それを作られたかたのご愛念に感謝していただきます。

                   この食べ物が私達のからだに入って

                   自他ともにお役に立ちますように・・・・・」

心を込めながら・・・・・が大切で、マクロに限らず、おまじないを心のなかで唱えたい・・・・・。
清められるって身近にあるのだ。  絶対に・・・とは言いたくないけれど、大切にしたいこころ持ちだと私は思う。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-06 18:26 | 食材
d0173368_302418.jpg

Yさんから頂いて、早速作ってみました・・・・。本格的な大辛だ・・・。食べたあとスキッ!とした辛さなので、また次のひと口が食べたくなる。
d0173368_344788.jpg

食後は、房江さんを真似して作ってみましたが・・・・・・・もう少し柔らかめにしたかった・・・・。
d0173368_37674.jpg

d0173368_372681.jpg

              むこうでは、こんなにすてきな器でフルフルなゼリーを頂いたのであった・・・・。

d0173368_3191332.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-06-06 03:11 | 食材