日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:器( 14 )

d0173368_3282347.jpg

こっぱみじんに壊れていたTさんのペアの「マグカップ」・・・・・。 きょうはリタッチをした・・・・。 くっつけた器の間をこまかく埋めていく作業をした。同じ色を作り、ひびの部分を細かい筆で描き足して埋めていく。

d0173368_331987.jpg


              ミニーの頭側面と洋服の下の部分をリタッチしました・・・・・。

d0173368_3333412.jpg


                  もうすぐTさんに渡せそうだ・・・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-11-25 03:35 |
d0173368_6514872.jpg

去年の香嵐渓のイベントでごいっしょしてなかよくさせていただいている・・・・。「アガタ陶房」さん。去年オーダーしていた「ごはん」をたく土鍋を買わせていただいた・・・・・。  取っ手がとてもユニークでアガタさんの人柄のようにあたたかく使ってみたくなる食器ばかり。  

d0173368_6562239.jpg


d0173368_711673.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-11-19 07:01 |

四国・・・・砥部焼

d0173368_20215549.jpg

・・・・・・・・・砥部焼陶芸館でこんな小皿をみつけた。 ひとつひとつが手書きでおおらかな絵だ。

d0173368_2023527.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-11-01 20:24 |

工房 いにしへ

工房 いにしへ」に来て、無心になって器を直して・・・・・約2時間・・・。 頭の中がなぜかスッキリ!してくる。
そこで出会うかたたちのお話も興味深い。  きょうはOさんが教室に通われて一枚のお皿を修復された過程のレポートの発表を聞かせていただけたのだった・・・・。 
d0173368_1383341.jpg
 
この器はOさんがお仕事で中国によく行かれていたときに「景徳鎮」で記念に購入されたものだそうだ・・・。
誤って破損してしまい、まずはご自分で直して、気に入らず・・・・・。工房 いにしへの存在を知って一年ががりで月に一度のペースで通われて完成された。
d0173368_1445683.jpg

                最初の状態の写真。
d0173368_1463471.jpg


イギリスのカラーフィルの修復技法は奥が深い・・・・。器のもともとの色を作り上げるのに苦心する。 

d0173368_1503913.jpg

                    説明をされているOさん。

    「工房 いにしへ」 のホームページを開いてみるとお試しの体験コースがある。 私もそれではじめたのだけれど・・・・。きょうは、女子美の吉田さんのご主人がきてくださった・・・・。ご自分の家にある器を何個か持参してカラーフィルの技法を体験していらした・・・。

工房いにしへは東京と名古屋に教室があって先生が名古屋と東京を行ったり来たりしている。 ご興味のあるかたはホームページをご覧になってください。  
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-14 01:59 |

子どもたちへの贈り物

d0173368_2305986.jpg

人生で最初に飲んでもらいたい・・・・・。お出汁のきいた薄味のスープ・・・・。お食い初めという日本には生まれて100日前後に食べる真似事をする儀式がある・・・・。そんな時に提案したい。生まれたこどもさんに最初の器のプレゼント。   いっしょに出汁の素材を・・・・。
d0173368_237373.jpg
 
d0173368_2382454.jpg

d0173368_239929.jpg

d0173368_2395459.jpg

d0173368_2415523.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-10-11 02:42 |

看板ねこのちびちび

d0173368_2313262.jpg

いわずと知れた・・・・「陶器や 岡本」の看板猫の「ちびちび」です。  店内を優雅に行ったりきたりする。
「ちび」と言う猫がもういたので「ちびちび」という名前になったという。 
d0173368_2316836.jpg

       このねこはまちがいなく「招き猫」です。
[PR]
by morimori42185 | 2011-07-16 23:16 |

食器棚の整理

食器棚がごちゃついてきたので整理しながらかたづけを始めた・・・・。それが、なかなか終わらないのだ。夏を意識して使う食器を取り出しやすいところに、出番のないものは一度取り出してみる・・・・。う~ん。と考えながらしていると・・・・もう三日目だ。
d0173368_17215545.jpg

ガラスも使っていないと曇っているので一つ、一つ洗う。時間がかかっても大事だ。
d0173368_17244096.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-06-05 17:26 |
d0173368_1658485.jpg

言われたとおりに山本教行さんの「蓋付片手土鍋」でご飯を炊いてみた・・・・。・・・・・おいしい!!!私は上手に土鍋でご飯が炊けなかったので、本当にうれしい。
①土鍋に洗ったお米と水を入れる。 ☆水加減はお米の量より気持ち多め

②蓋をして強火にかけます。
8~9分ほどで湯気が出てブクブクと煮えてきましたら弱火にします。ふきこぼれるようでしたら蓋を少しずらして1分間ほど蒸気を逃がすと吹きこぼれがおさまります。落ち着いたら蓋をもどす。
☆炊飯にかかる時間は、お使いになるガス器具の火力やお米の量によって変わります。火加減、時間は目安にしてください。

③5~7分ほどで蒸気がおさまり、鍋の音も静かになりましたら火を止め、蓋をしたまま5~10分蒸らす。
☆おこげを召し上がりたい場合は火を止めるまでの時間をもう少し延ばしてみてください。

・・・・・・なんどもいいますが・・・・・「おいしい!」
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-05 17:16 |

お茶を頂いた器

d0173368_3423354.jpg

食後に出していただいた器。 飲みやすい・・・。お茶が大好きな人・・・たっぷり飲みたい方にはうれしいかぎり。なかなか出会えない器・・・。口のカーブが絶妙なのだと思う。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-05 03:52 |
d0173368_2002511.jpg

岩井窯の山本教行(やまもとのりゆき)さんから教えていただいたように・・・・。土鍋を最初に使う前にしなくてはならないことを実行してみた・・・・。
       ①他の鍋等で沸かした熱湯を五分目ほど入れて土鍋全体を暖め、弱火で沸騰させる。
       
       ②①が沸騰したら大さじ2~3杯の小麦粉を200cc位の水で溶いたものを土鍋に溶かし込み少々煮ます。煮えてきたらふきこぼれないよう火を止め最後には差し水をしてそのまましばらく置いて冷ました後、水洗いをしてください。このことにより鍋の目が詰まり熱伝導がよくなります。

       ③鍋底にはひび割れが生じることがあります。ひび割れることによって熱膨張の吸収の役割をすることになります。

       ④もし底部のひび割れから水漏れしましたら①②の順序で再度行ってください。

   *みなさんご存知だと思いますが・・・・・土鍋の外側、特に底部の水気をよく拭き取ってから火にかけたりすることと、空焚きはしない。本体が熱いまま冷水につけない。洗った後は底面を上にして風通しの良いところでしっかり乾かして保管してください。

d0173368_20322825.jpg

           準備は整いました・・・・。さあ、なにから作りましょうかぁ~。
[PR]
by morimori42185 | 2011-06-02 20:35 |