日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:料理教室( 49 )

d0173368_17385720.jpg

おかあさんになったKさんといっしょに参加してくれた「あいこ」ちゃん。お腹の中にいた頃からお料理教室に参加していた「あいこ」ちゃん。みんなのアイドル。かわりばんこにだっこさせてもらう・・・。赤ちゃんを抱かせてもらう・・・しあわせ。    その間にも着々と料理作りは進んでいく・・・・・・。
d0173368_17452065.jpg

このグループはチームワークがよくて、いつのまにか誰がなにをするかというのも阿吽の呼吸で、後片付けまで手際がいい・・・・・。不思議なくらい各自が動いている・・・・。
d0173368_17535611.jpg

d0173368_17555294.jpg

今回「赤なまこ」は赤葉のらうす昆布を入れた三杯酢を作り、酢は「富士酢」を使いまろやかに・・・・。
きゅうりの薄切りとくらげのそぎ切りとなまこを合わせる。その上にだいこんおろしと一味をふる。そして・・・このわたソースをちょんとのせる。
d0173368_182451.jpg

12月には昆布巻きをしましたが、切り昆布と干し椎茸と生たらこ(助子)を煮た。その隣は酒かすと煮大豆のスプレット。・・・・・・・・日本酒が飲みたくなる献立だなぁ~。
d0173368_1884295.jpg

今日もいい「雲丹」

d0173368_18113397.jpg

おからのイタリアンサラダ

d0173368_18141245.jpg

d0173368_1844538.jpg

羅臼昆布とかつお厚けずりで出汁をとったものに根菜と豆腐を入れた「豆腐のすり流し汁」。
d0173368_18155382.jpg

今日は最後に「お干菓子」と抹茶。・・・・・きょうも「ごちそうさまでした。」
・・・・・・・・・・・・来月の料理教室は「ふぐ」を予定しています。肝を処理したふぐを市場のKさんから仕入れします。  楽しみにしていてください!!テッサ、から揚げに挑戦しますよ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-01-26 18:20 | 料理教室

赤なまこ

d0173368_544844.jpg

d0173368_56127.jpg

赤なまこ=きんこ。  お正月前今が旬だ。以外に簡単に調理できる。やわらかい腹側に包丁を入れて中の「このわた」をとりだして、塩を強めにふり置いておく。
なまこをひと口大に切り、お湯にさっとくぐらす。三杯酢を作り、その中に・・・・。珍味。最初になまこを食べた人は・・・・・。古事記に記載されているそうです。昔から食べられていたのにはびっくり。
d0173368_515291.jpg

ぶりの右の小皿の中が「なまこ酢」。この食感好きな人にはたまらない。
[PR]
by morimori42185 | 2010-12-15 05:18 | 料理教室
d0173368_19491463.jpg

新鮮な海からの食材。
d0173368_19504531.jpg

      とまと。
d0173368_19513065.jpg

      ゆず。
d0173368_1953076.jpg

      ひと口の俵おにぎり。
d0173368_19541199.jpg

      アボカドと蟹身のサラダ。
d0173368_1956553.jpg

      トマトと蛸のサラダ。
d0173368_1958123.jpg

       豆腐と生うに。
d0173368_16171664.jpg

牡蠣をソテーしてバルサミコソース。ディルのソースも。
[PR]
by morimori42185 | 2010-12-14 19:59 | 料理教室
d0173368_1904052.jpg

お正月を迎えるまえに、家族と・・・・。友人と・・・。集まって・・・。楽しい集いを想定して考えたメニューです。お正月を前に食材を吟味して。
ぶりを一本。   半身は刺身に。もう半分は軽く小麦粉をはたいてフライパンでこんがり焼く。別に砂糖・酒・みりん・しょうゆを煮詰めて各自お好みで・・・・・。
d0173368_1971176.jpg

d0173368_1974345.jpg

ぶりが5キロ近くある大物。もう一本さばくのはみんな驚かない。せっかくだから・・・とみんなチャレンジする。
d0173368_19104945.jpg

d0173368_19113251.jpg

今日、初参加のRちゃん。がんばりました!
d0173368_19131692.jpg

ぶりのうろこを取るのに最適なのは・・・・以外にもペットボトルの「キャップ」が最適なんです。うろこが飛び散らなくてきれいに取れます。   お試しください。
[PR]
by morimori42185 | 2010-12-14 19:17 | 料理教室

ワインと料理

d0173368_059139.jpg

d0173368_101725.jpg

d0173368_124225.jpg

d0173368_14416.jpg

d0173368_154540.jpg

d0173368_172846.jpg

d0173368_1101183.jpg

最新のガスコンロを使って料理とワインを楽しむ会に誘って頂いて妹「膳楽かあちゃんへ」といっしょにクリナップ名古屋営業所におじゃました。ダッチオーブンを魚焼き器の部分の中で調理するのは初めてみた。簡単に調理することができて魅力的だ。
[PR]
by morimori42185 | 2010-10-17 01:18 | 料理教室

栗きんとん・・・Mさん

d0173368_20104258.jpg

Mさんの指導を受けて順調に栗きんとん が出来上がった・・・・。栗の味が生きた手作りならではの味。
d0173368_2014513.jpg

d0173368_20145272.jpg

d0173368_20165676.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2010-10-10 20:17 | 料理教室
d0173368_452551.jpg

天気は雨・・・。雨脚けっこうはげしい・・・・。そんな中みなさん集まってきてくださった。鮭も最高の品が・・・。4.9キロのKさんの店でその日で一番大きかった銀聖印の鮭。いつも思う・・・。食材との出会い・・・。いま鮭は筋子からいくらを作るのに卵がやわらかくておいしく出来上がる時期だ。その時期にこの食材を調理できるしあわせ・・・。柿はまだ出始めでことしは柿の出来がちょっと不作だとか・・・・。でも種なし柿(和歌山産)のおいしい柿が手に入った。栗はいま最盛期で市場にもたくさん並んできた・・・。「旬の食材」を調理する・・・これがありがたい・・・・・・・・。しあわせなこと。
d0173368_593394.jpg

d0173368_511855.jpg

d0173368_5115937.jpg

d0173368_512514.jpg

d0173368_5141433.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2010-10-10 05:14 | 料理教室
鮭の野菜あんかけ
いくらのおろしあえ
鮭の竹皮弁当
えだまめ納豆の岩塩オリーブ油和え
柿の白和え
吸い物
デザート 栗きんとん
d0173368_23325778.jpg
 
d0173368_23344350.jpg

d0173368_2336296.jpg

d0173368_233655100.jpg
 
d0173368_23382465.jpg
                          
[PR]
by morimori42185 | 2010-10-09 23:39 | 料理教室
d0173368_1252855.jpg

台風が近づいて来ている。   市場は荷物が少なくなる・・・。しかしKさんのお陰でこんな新鮮な剣先いかが手にはいった・・・・。刺身、松かさ切りにして食べるらー油を塗り、さっと焼く、エンペラーの部分を茹でてから切り、ゆずとわさび和え。
d0173368_1314955.jpg

d0173368_133321.jpg

今日のいかめしには大根と里芋もいっしょに下茹でしてから、コトコト煮る・・・。いかのだし汁を吸っておいしいこと。。。。。昆布もやわらかくておいしい。
d0173368_1383727.jpg

味噌汁・・・れんこんだんごが出汁と味噌に合っている。
d0173368_14488.jpg

デザートは、先回の感じにひねりを加えて・・・。プレーンヨーグルトを前日からざるで水きりしておいたものと豆乳プリンにいちじくジャム、ワイン煮したいちじくなどをトッピングした。
d0173368_9371265.jpg

食事が始まると・・・・・・・・おいしくて「沈黙」。
[PR]
by morimori42185 | 2010-09-26 01:50 | 料理教室

いちじく三昧

露地物のいちじくが今盛んに出てきている・・・・。ワイン煮、ジャムなど作っているが、完熟したいちじくをそのままかぶりつくのが正直いって・・・・おいしい。
料理教室のデザートとして「豆乳プリンといちじくのいろいろ」をお出しした。ちょっと凝ったのはワイン煮した、いちじくを冷蔵庫で乾かしてから燻製にする。さっと煙りをまとわせた物が一番めずらしいものだ。さっと短時間がいいのだ。
d0173368_1132849.jpg

個人的においしいと思って作ったものがこれだ。
d0173368_1173477.jpg

砂糖を少し加えて、やわらかめのぜりー液を作っておき、生のいちじくにとろっとかけてあとから黒蜜をさっとかけた。・・・・・・・・・・・生のいちじくの良さがいきたデザートになった。
余談だが・・・・・・・この黒い器に注目してほしい。「いちじくの器」という。造ったのは女性。一つ一つ、手びねりで微妙に大きさが違って、またそれがいい・・・・・。大好きな器。
*盛り付けがちょっと多すぎてちょっと品がないのが・・・・・反省。
[PR]
by morimori42185 | 2010-09-23 01:28 | 料理教室