日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー

<   2011年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧

d0173368_19274136.jpg

暖かくなりかけたと思ったら・・・・油断は出来ない。 寒さ到来!なのです。
そんな時、食べたくなる「味噌煮込みうどん」   麺はそこそこやわらかく、食べやすい・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-09 19:31 | ともだち

紅ふうき緑茶

d0173368_5155465.jpg

「無印良品」で紅ふうき緑茶をみつけた・・・・・。緑茶というが色はほうじ茶を薄くいれたような色をしている。
しかし、味は濃く煎れた「煎茶」のようだ・・・・。今年「丸源」のお茶屋さんで教えてもらった「紅ふうき緑茶」の効用・・・・花粉症の症状が軽くなるという商品だ。
幸いにも、まだ花粉症にかかってないような私なので、なんともいえないが・・・・のどが渇いてとっさに飲み物を買うのなら・・・・・迷わずこれを買ってみたい。  粉末状のものよりこちらは飲みやすい。
・・・・・・さすが・・・無印。  対応が早い。 
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-09 05:25 | 季節
d0173368_217436.jpg

今、パソコンに向かいながらラフマニノフピアノ協奏曲第2番を聴いている・・・・。Mさんのご主人がCDからダビングして下さった・・・。ありがとうございます。いつもクラシックではないが・・・・・・時々本物に触れたくなる。
今度、佐渡裕さん指揮BBCフィルハーモ二ックと辻井伸行さんのラフマニノフを聴きにいく・・・・。その時の為にも聴いてから当日を迎えたいとおもっていた。夢のような時間を楽しんでこよう。
時々、読み返している・・・・「愛と癒しのコミュニオン」 鈴木秀子著。文春新書   また、久しぶりに手に取って・・・。
最初に「傾聴」(けいちょう)という言葉をこの本から学んだ・・・・。「アクティブ・リスニング」。
傾聴の重要性はドイツの思想家のシュタイナーが1904年に出版した本で「沈黙して・・・聞く」ことの大切さを説いている。わたしはそのことから一番遠いところにいたと思うので、鈴木秀子先生のおっしゃる「聞くには訓練が必要です。」といわれたことに最初おどろいた・・・。
「批判しない」「同情しない」「教えようとしない」「評価しない」「ほめようとしない」がアクティブ・リスニング。
まず、聞くということを自分の心の中に決める。いままで、その人に持っていた先入観、予備知識、年齢、性別、社会的地位、ある程度知っている性格、あるいはその人に好意をもっているとか、性に合いそうもない苦手な相手のようだという予感、そうしたものすべてを、ともかく脇に置いてしまう。
自分の心を空にすると決めるのである・・・・・。ご興味のある方は是非、本を開かれんことを・・・・。
本の最初から衝撃的な話からはいるのですが・・・二番目に登場する「神父さま」。犬がアクティブ・リスニングをしてくれた話は、しゃべれない犬が・・・どうして?と皆さん思うことでしょう。
グレールメール」を鈴木秀子先生がしていらっしゃるのでホームページを見てください。興味のあるかたはどうぞ・・・。 鈴木秀子さん・・・79歳になられる。東京で行われた講座に参加してお目にかかったことがある・・・。傾聴する心をみなさんに身につけてもらいたいと思っていらっしゃる・・・・。まず自分自身を開放することができるとおっしゃった・・・・。そして、近くの人同志でお互いに聞きあう・・・誰でもできますから・・・と。まず、じかんを決めて聴きあう。 傾聴するこころ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-07 22:05 | ともだち

モーツァルト200合唱団

d0173368_1585011.jpg

今年もKさんたちの演奏会があり、聴かせて頂いてきた・・・・・。バッハの「ミサ曲 ロ短調」。
愛知県芸術劇場コンサートホールが会場だった。
d0173368_232823.jpg

トランペットが入っていて、曲が華やかになり、変化があって、久しぶりの生の演奏を楽しませてもらった。
d0173368_2111389.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-02-07 02:12 | ともだち
d0173368_7144512.jpg

ここの「出汁巻きたまご」は年末に買おうと思ってもなかなか買えない・・・・・。お正月用にいつも仕入れするプロの人しかなかなか手に入れることができない・・・・。そこを今年のお正月には、幸運にも手に入れることが出来てよかった! このように、6本とか買うとたまご屋さん専用の木箱に入れて手渡してくれる。後日、この入れ物を返しにいく。  この木箱を2月に入ってすぐに返しに行ったとき5日に卵焼きを予約してきた・・・。
いくちゃん、さよちゃん、みそづくりのおともだち・・・・・召し上がってみてくださいませ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-06 07:34 | 好きなもの

いくちゃん

d0173368_1392854.jpg

この間、さよちゃん家近くの「プント」であった久しぶりの・・・いくちゃん!ホームページにメールくれたのにごめんなさいなのでした・・・・・。すぐに連絡を入れていただいたのに・・・私、失礼いたしました!
この間会った時「名刺代わりに・・・。」と渡した母の作る「胡桃こうなごの佃煮」をいたく気に入って下さり、連絡を頂いた・・・・。ありがとうございます!もう一度食べたい・・・と言って頂いた。ご家族であっという間に食べたそうです。「山本商店」のホームページも見てくださり、にぼしと味噌のセットも注文いただいた・・・・・・。重ね重ねありがとう。  プレゼントしたいということなので簡単にラッピングさせていただいた。
d0173368_1531930.jpg

いくちゃんといくちゃんのカワイイお嬢さんとさよちゃんの店で会うことに・・・・・。母の佃煮のお陰でまた楽しいおしゃべりが出来て、ラッキーでした。また、食べたい・・・と思っていただける母の味って凄いと思う・・・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-06 02:01 | ともだち

味噌作り

一年で一番寒い時に仕込む・・・味噌作り。    Mさん家で毎年恒例の味噌作りをした。
d0173368_1723948.jpg

用意していただいた「麹」と大豆のつぶしたものをあわせる。

d0173368_17254294.jpg

よ~~く混ぜて・・・。

d0173368_17275657.jpg

d0173368_17294653.jpg

だいたい、ひとまとめになったら・・・・。

d0173368_17323381.jpg

みそ玉にして、入れ物にむかって思いっきりたたきつけるようにして入れる。 気分爽快!

d0173368_17355066.jpg

最後に、塩を表面にかぶせるように・・・。またその上にラップで蓋をしたあとに塩を重しにする。・・完成!!
d0173368_17394812.jpg

d0173368_1741665.jpg

姉様かぶりがお似合いです。

d0173368_17433817.jpg

ニコニコにっこり「あいこちゃん」

d0173368_17473050.jpg

Mさん手作りのワッフル・・・・ごちそうさまでした。

[PR]
by morimori42185 | 2011-02-05 17:49 | 保存食
昨日、TVでひきこもりの青年がものすごく増えていて、30代以上が、統計できた限りでは70パーセント以上を占めているという・・・。統計をしていないので解からないが、40代以上の人も少なからずいるといっていた。それ以上多いかもしれない・・・。ともいっていた。
学校で、職場で一度ならずその人間関係に入っていけなくなって家族の見守りがあって自宅から一歩も出られなくなっている人は日本中に、どのくらいいるのだろう・・・・。言葉を発せない。そして、なすすべもない家族のひとたち・・・。高知県では、「いのちの電話」の増設で、直接の原因とはいえないが自殺者が減少した・・・。といっていた。人に今悩んでいることを聞いてもらうと(傾聴してもらえると・・・。)自分自身で答えをみつけられることが私はよくある・・・。しゃべりながら・・・「あっ!」と思うのだ・・・。それは、ありがたいことに「傾聴」してくれる友人がいる幸せだ・・・・・。
落ち込んだ時・・・そうでもなくても気力のおちたとき・・・・虚脱感を感じた時・・・・自分を守ろうとして盾を張り巡らしたい時(気持ち的に・・・)人と比べて・・・わたしは・・・なんて思うとき。そんな気持ちから脱却する「きっかけ」を知らず知らずに求めるものではないだろうか・・・・。岩木山の麓に「森のイスキア」というところがある。佐藤初女さんがいる所・・・。お会いしたことはないが「傾聴」(けいちょう)の達人である。全国から悩んだ人が訪れる。まず訪れた人にお茶を勧める。時間がきたら食事も勧める・・・。最初はお茶一杯飲めない人がいるそうだ。深い悩みの中にいる人は食事ものどを通らないという・・・。ただただ・・・初めて会った方の話を初女さんは話し出すのを待ちながら・・・傾聴される。初女さんが言われるには、食事を食べられるようになったら、その方は快方に向かわれている兆候だそうだ。 食事も手作りで、初女さんの料理はどれもおいしそうだ。おむすびがおいしそう・・・。初女さん手作りの梅干しが入って、海苔の包みかたも初女さん流で豪快だ。  佐藤初女さん・・・89歳。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-04 12:06 | ともだち

節分・・・恵方巻き

d0173368_20151241.jpg

朝からかんぴょうと椎茸と高野豆腐を煮ておいた・・・・。ごはんの用意もしておき、梅酢と塩を入れた寿司酢で寿司飯もOK!  お昼に巻きはじめて1時間半・・・。時間が足りない・・・。
昆布と鰹だしで卵やき・・・いそげや急げ・・・!  具の用意が出来ました!
d0173368_20233393.jpg

d0173368_20251989.jpg

d0173368_2026896.jpg

南南東を向いて、しゃべらないで召し上がれ・・・・。

[PR]
by morimori42185 | 2011-02-03 20:30 | 季節

母の労作・・・自分史

d0173368_15123744.jpg

母の「自分史」の文集を頂いた・・・・。ここ何ヶ月の母の労作。  読ませてもらった。母が言ったように小学生のように素直な文章だ。「子どものころの思い出」と「賀茂の渡し舟」の2作品。村祭りの楽しかった思い出をまるで昨日体験したように綴っている・・・・。母にとって忘れられない楽しかったことなのだろう・・・。幼少時代の思い出。7人兄弟で育って、丁度真ん中で育った母はバランス感覚の優れた人だと思うが、時代的にも戦争が青春時代と重なり、今の時代では考えられない思うようにならない経験もあったと思う。
しかし、文章は少女のようだ。やはり、たのしい思い出はこころを明るくする・・・・。母は生まれたときからの「自分史」を書きあげたいそうだ・・・・。自分史はその人が実際に体験した事実だけを書くもので、行った事のない場所や、会ったことのない人や、経験したことのない出来事を書いてはいけません。それが自分史の土俵です。・・・・・・・・・・と先生の弁。母は、生まれ育った場所に取材に行くらしい・・・・。前向きな母である。母・・・84歳。
[PR]
by morimori42185 | 2011-02-02 15:47 | ともだち