日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー

<   2011年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

d0173368_613428.jpg

YUKIさんが焼いてくれた「キャロットケーキ」しっとりしていてお・い・し・い。 紅茶に新鮮なミント(まりこさんが育てた立派なミントだ。)とレモンと合わせて熱湯をそそぐ・・・・。朝、いただいた・・・。ゆっくり新聞を観ながら「落ち着く~。」「ひさしぶり~。」「じぶんにご褒美~。」  「こんな時間が宝物~。」
d0173368_6193571.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-05-08 06:20 | ともだち
いつもの料理教室ではなく・・・だし教室でもなく・・・・家でこの中間的な会を開いてみた。 (両方の教室が満席になった為に・・・・。)
d0173368_3503933.jpg

5月を迎えて季節も夏直前だ。これから身体のためにも辰巳芳子先生が言われるように、身体をしゃんとさせる為にも努めて食事をとっていく必要があると思う。乾物と出汁にこころを込めれば・・・・それも思うほど難しい話ではない。   
                             *メニュー*
                          黒米とひじき入りごはんのおむすび
                          大豆たんぱくのから揚げの甘酢
                          なすのちゃせん煮
                          煮干と水菜の煮浸し
                          筍と椎茸と絹さやの白和え
                          吸い物 (乾燥ゆば・みょうが)
                          
d0173368_445251.jpg

なすのちゃせん煮は、だし汁(昆布とかつお厚けずり)に酒・みりん・醤油を各大さじ2、塩小さじ1、桜海老大さじ2で1時間煮含める。 最初に桜海老を空炒りするのをわすれずに・・・・。
d0173368_4103763.jpg

今回特にメニューに取り入れたかったのは「大豆たんぱく」のおいしい食べ方だ。ノーミート料理には、この食材は使えると思う。お湯で30分以上最初に戻しておく準備が必要だ。それを軽く搾った後の下味として、酒大さじ1、塩小さじ1、こしょう、しょうがの絞り汁1に15分ほど浸ける。衣に卵1ヶ、片栗粉と小麦粉カップ1/4、ごま油小さじ2を入れて混ぜてから油で揚げる。 同時に甘酢を作っておく。長ネギ10~15㎝分をみじん切りにする。酢・だし汁・各カップ1/4、砂糖大さじ2をなべで煮て溶かしておく。  揚げたての大豆たんぱくを甘酢液にどんどん入れていく。皆さんに好評だった。から揚げだけだとぱさぱさするが甘酢が一つにまとめてくれていい塩梅だ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-08 04:26 | ともだち
この連休、どうしてもやらなくてはならなかった事として・・・・。主人のアルバムと切手帳を探さなければならなかったこと・・・・。大切だからとしまいこんでしまって・・・・・あれはどこにあるのだろう?今度、同窓会があるからアルバムを見ておきたい・・・。とのたっての希望で重い腰をあげたのだった・・・・。しかし、アルバムは以外に簡単に見つかった。 ついでに、わたしに貰った「手紙」がその横に出てきた・・・。全部とってあるわけではないが・・・貰ってから40年前の手紙が出てきて・・・見るのが恐ろしい・・・・というか、よく残っていたかと思う。青春時代は何を考えていたのか・・・と思うが・・・・その中に一つ宝物をみつけた。今は絵本作家になって有名人になった「かいけつゾロり」シリーズをこんど50作目を執筆する「原 ゆたか」さんから貰った手紙が出てきたのだ・・・。まだ、有名になる前の原さんからの手紙はきれいなカラーインクの今見ても作品なのだ。
d0173368_4315325.jpg

d0173368_543298.jpg

d0173368_5163964.jpg

d0173368_4325919.jpg

美術大学を目指し、デッサンを習いに行っていた研究所に原さんはいらっしゃった。みんな真剣にそれぞれの目標の大学を目指していた・・・。一浪、二浪をいとわず、みんながんばっていたと思う。私は同級生の高校生たちとでそんな覚悟もなく・・・どこかに入りたいばかりだった。 みんななかよしでその仲間たちとすぐ同窓会などしていた。 原さんは2浪後に講談社のフェーマススクールの応募で入選して出版社に売り込みを始めて頭角を現していく前にもらった手紙だと思う・・・・。わたしは何とか現役で女子美に入れてもらった。そこでは秋には学園祭のような催しがあって、その時原さんはただの石に絵を描いたのを売っていた・・・。みんな一つ記念に買ったもの。
d0173368_4475562.jpg

                              これもとってあった。

・・・・・・・いまは、毎年頂くおもしろいギャグのきいた「年賀状」を楽しみにしている。
        *原 ゆたか公式ホームページ
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-06 04:27 | ともだち
d0173368_356112.jpg

このあたりの5月の連休の風景といえば・・・・・・「なんじゃもんじゃ」(ひとつばたこの木)の並木道が満開になることだ・・・・。白くて遠くからみるとふわふわしているように見える。岐阜県では大きななんじゃもんじゃの木が有名なところがあると聞いている・・・・・・。行ったことはないけれど・・・・。近場で毎年咲くのが見られて幸せだ・・・。
d0173368_422210.jpg

                         もう一つが・・・・・この色のつつじ。今が満開だ。
d0173368_452889.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-05-06 04:06 | 季節

くるみの黒砂糖かけ

d0173368_925354.jpg

黒砂糖とてんさい糖をまぜ、水を半量足して煮立たせる・・・。オーブントースターに胡桃を平らに並べて2~3分空炒りする。 そして、煮立たせた黒砂糖の中に胡桃を入れてあわせる。 油を塗った容器にできあがった胡桃を平らに広げてさます。
d0173368_9293485.jpg

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一日たつとこんな感じ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-04 09:30 | うちの味

ながいものピクル酢

d0173368_9211249.jpg

ながいもと昆布とこの間、買っていた富士酢の「ピクル酢」を合わせて一日置いておく・・・・。さっぱりしていておいしい・・・・。大好きな一品になった。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-04 09:23 | うちの味

ちまき

d0173368_1610118.jpg

・・・・こどもの日がもうすぐだ・・・・。柏もちがあっても「ちまき」が置いてある店があまりない。見れば見るほど、手間がかかる御菓子だと思う。 価格もちょっと高めだ。 日持ちもしないので当日に食べるようにいわれる。  でも、「ちまき」はこの時期に一度は食べたい御菓子だ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-03 16:15 | ともだち
d0173368_1559121.jpg

・・・・・にんじん椎茸のまぜごはん。 にんじんから甘みがでる。筍も入れましょう・・・。小女子(三重県・伊勢湾産)から良い出汁がでます・・・。後から梅干しを乗せました・・・・。シンプルで飽きない味だ。
d0173368_1605223.jpg

おいしい豆腐で作ると・・・味がちがいます。   あれこれ入れずにアスパラガスのみの具で・・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-03 16:07 | うちの味

レモンと蝶

d0173368_15505767.jpg

我が家のベランダのレモンの木に花が咲き始めて・・・・そろそろやってくる・・・・と思ったら・・・やってきた!!どうして、解かるのか・・・・自然の生き物たちのセンサーは鋭敏だ。 わたしも感覚を研ぎ澄ます時期がやってきた。あまり大きくならぬうちに・・・みつけなくてはいけない・・・・。
d0173368_155605.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-05-03 15:56 | 季節
d0173368_1933117.jpg

・・・・普通はタピオカとココナッツクリームでするとおもうけれど・・・・・わらび餅と果物と合わせたら・・・きっと合うにちがいない・・・・。と思って作ってみました・・・・・・。これから暑い日のデザートに出番が増えると思う。
[PR]
by morimori42185 | 2011-05-02 19:09 | うちの味