日常の中に幸せの種はある


by morimori42185
カレンダー

<   2011年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

母には驚く・・・・・。

わたしの母は85歳。  10月10日の「だし教室」にも参加してくれた・・・・。  「だし教室」の開催にはわたしの家族・兄弟の絶大なる協力なくては・・・・開催できない。  主人はあまりなにもいわないけれど・・・・いつも駐車場の車の移動を文句もいわず・・・してくれる。  わたしに無理な注文をいわず・・・見守っていてくれる。
 
さて、わたしの母はなんどもいいますが・・・・元気な85歳。 オレンジの葉っぱのステッカーをつけて、毎日のように運転している。 市場の帳場にすわり、仕事もして、家事もして・・・・くるくる動き回っている。
近所の床屋さんの奥さんとなかよし・・・・。

だし教室のなかでわたしが皆さんに向かって「なにかご質問はないですか?」・・・と言ったら・・・・・母が「ハイ!」と元気に手を上げて話し出した・・・・・・・・・・。

「うちの近所の床屋さんの奥さんは青梗菜(ちんげんさい)があまり得意ではないけれど・・・・青梗菜をどのように料理したら青梗菜が苦手な人もたべられるでしょうかぁ~。」  と言ったのだった。

この質問で大いに座が和み、みんなが緊張していた雰囲気がなごんだのだった。 母はほんとうにみなさんに聞きたかったのだと思う。 母自身の青梗菜の調理の工夫は、葉と茎の部分を分けて、それぞれに軽く塩をしてしんなりさせ、お漬物のようにしてみたそうだ。 それを床屋さんの奥さんにお知らせしたようだった。

「だし教室」に参加されたかたから提案をその時いただいた・・・・・。
このごろ蒸し野菜の調理方法が流行っている。   青梗菜のほかにお芋など他の野菜といっしょに蒸してからごまだれで食べると思わぬ量の野菜がたべられる。  野菜嫌いのご主人も蒸し野菜とごまだれにしたら野菜が食べられるようになったそうだ。  ご主人もだし教室に参加してくださっていて隣で  うんうんと深くうなずいていた・・・・。

母のお陰で素敵な会話ができた・・・・・。  こんな母のDNAを私もどこか引き継いでいきたい・・・・・。
人の悪口を言わず、忙しい中で自分の楽しみを見つけ、明るく、素朴で・・・・いつのまにか周りが元気になる。
自分史を書く講座に通い、今年もまた一冊お仲間のかたといっしょに作品が出来上がることでしょう~。

母は私が幼いころ本をよむことと絵をかくことに興味をもっていたのを知っていてあたたかく見守ってくれていた・・・・。  そのお陰で今の私が出来上がった・・・・・。のだと思う。

d0173368_3551076.jpg

             だし教室で出した「椎茸の含ませ煮とぴりからこんにゃく」の味付けがとても高評価をいただいた・・・・・・・・・・・。妹(膳楽かあちゃんへ)が調理したものだ。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-12 04:01 | うちの味

鯛にぼしのマリネ

d0173368_55553100.jpg

・・・・・・・これはおいしい! ワインや日本酒にも・・・・。  素材の鯛にぼしをオーブントースターで3分以内で乾煎りする。  きょうは千鳥酢(京都産)に少しりんご酢を加え・・・・きび砂糖・しょうゆ・塩・荒引きの黒こしょうで合わせ酢でマリネ液を作り・・・・・熱々の鯛にぼしをそのなかに投入して冷ます。 かぼすの果汁を絞り入れて・・・・また別にかぼすの薄切りで蓋をするみたいな感じにする・・・・。おいしいのでみなさんにも召し上がっていただきたい・・・・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-11 06:05 | 食材

子どもたちへの贈り物

d0173368_2305986.jpg

人生で最初に飲んでもらいたい・・・・・。お出汁のきいた薄味のスープ・・・・。お食い初めという日本には生まれて100日前後に食べる真似事をする儀式がある・・・・。そんな時に提案したい。生まれたこどもさんに最初の器のプレゼント。   いっしょに出汁の素材を・・・・。
d0173368_237373.jpg
 
d0173368_2382454.jpg

d0173368_239929.jpg

d0173368_2395459.jpg

d0173368_2415523.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-10-11 02:42 |
秋晴れの晴天に恵まれた10月10日。  名古屋市・熱田区の「白鳥庭園・清羽亭」におきまして秋のだし教室の2回目を定員の21名のお客様をお迎えして開催いたしました。
d0173368_18581759.jpg

                   白鷺が池の小魚をねらっていた・・・・・。
d0173368_18593350.jpg

                   前日までに3日前から準備した「子持ち鮎の有馬煮」も準備完了!
d0173368_1933044.jpg

                   いっしょに煮る昆布がやわらかくて薄味で絶品。
d0173368_1945968.jpg

いつも思うのですが・・・・・陰になって支え、動いてくれる友人達のお陰で来てくださったかたに喜んでいただけている・・・・。だし教室を開催して一番の宝物のスタッフに恵まれ、だし教室を開催する毎に「絆」が深まっています・・・・・。わたしたちが心から楽しんでいること・・・・。自然に・・・・・。それが来てくださった方達にも、きっと伝わっていることと思う。
d0173368_5385884.jpg

d0173368_540481.jpg


  ・・・・・・来年のことをいうと・・・・鬼が笑うと申しますが・・・・・桜の咲く頃に・・・だし教室を開催できたら・・・・と思います。  またブログでも告知したいとおもいます。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-10 19:18 | 料理教室

Kさまからのご注文

d0173368_1312282.jpg

Kさまのおうちでお孫さんがお生まれになった。  「内祝い」として・・・・乾物で大げさにならない感じで贈りたいとのご注文を受けた・・・・。品物を吟味して取り合わせてみた・・・・。
  焼き海苔(愛知県・鬼崎産)・特選国産どんこ椎茸300g・昆布2種・糸けずり・干し貝柱・鯛にぼし・片口にぼし・平子にぼしを箱に入れさせていただきました・・・・。

      ・・・・・・・・あと2件は焼き海苔(愛知県・鬼崎産)をお名前を書いてお包みさせていただきました。
d0173368_1311151.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-10-09 13:11 | 食材
ひょんなことから・・・このお話は始まった・・・・・。  「ゆうゆう」8月号に「だし教室」を含めて名古屋の熱田区を中心にわたしのお友達を紹介していただいた。その時、取材にきてくださった主婦の友社の編集者の依田さんと2日間ごいっしょしていろいろなはなしをたくさんした・・・・。その中で今回行く時間がないけれど・・・N先生といって私が20年以上お花を教えていただいているかたがいて、N先生と話していて、考えかたが目から鱗のときがよくある・・・。というはなしをした時に編集者の依田さんはなにかをキャッチされたみたいだ・・・。
私の場合、車の運転ができない・・・・。のだけれどN先生が「よかったね!車の運転をしてくださるご主人様に ありがとう!が言える機会があってよかったね・・・。」とN先生はわたしに言われたのだ・・・・。運転が出来ないことがマイナスな事ではなくて・・・・。「ありがとう」の感謝ができることを・・・・。よかったね。・・・・・・と。
私のブログでお花の教室の時の写真はお花の写真より、おいしいものを素敵にテーブルに置いた写真のほうが多いのをご存知かと思います・・・・。 その居心地のよさ・・・・といったらないのです。
d0173368_0374434.jpg

何かがあるから幸せ?ということではなくて、いつも喜び上手なひとが側にいてくれるしあわせ・・・。そんなN先生のご主人さまやご家族の紹介ができることになりました・・・・。お互いのことを思い合うご夫婦・・・。そして家族・・・。それが自然に・・・・。N先生の変わらないこころ・・・・。シンプル・ナチュラル・ピュア・・・。いつも素敵な作品が生まれる・・・。  N先生の中から生まれる言葉・・・・。作品たち・・・。限られた人達しか享受できないこのしあわせな気持ちを全国区の「ゆうゆう1月号」12月1日発売予定で紹介できるのだから・・・。
ご興味のあるかたはもう少し先ですが、ゆうゆう1月号をごらんになってください。 ゆうゆうには決して載らないと思うのですが・・・・・N先生のご主人が取材にいらした依田さん、米谷さん、カメラマンの景山さん、N先生ご夫妻とわたしをセルフタイマーを使って今日集まったひとたち全部が写るように、写真を撮ってくださるようにおねがいしてくださった。 いい記念ができてわたしもうれしい・・・・・・・。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-08 01:02 | ともだち

利平栗をつかってジャム

d0173368_7194293.jpg

揖斐川町の前日に採られたという・・・・新鮮な「利平栗」をつかって、ジャムを作った・・・・・。
            半日以上は水に浸けていく。  皮を剥きやすくするために・・・・。
d0173368_7234344.jpg

そこから皮を剥き始めて・・・・ゆうに3時間・・・・・・。これをしなければおいしい「くりじゃむ」はいただけません。
d0173368_7254098.jpg

ひたひたの水を入れて、沸騰したら弱火にしてきっちり30分。  タイマーをかけて煮ます。
d0173368_7272760.jpg

茹で上がった栗は一度ざるにとり冷ます。あらたに、栗に対して半分のグラニュー糖と水100cc~200ccを入れて灰汁をとりながら練っていきます。 最後にわたしは国産はちみつと珈琲リキュールを入れて出来上がり!  熱いうちに消毒したびんに詰める。


・・・・・・・・これは、別口ですが、「栗チップ」。  TVのニュース番組で丹波笹山の栗農家のおかあさんがおすすめしていた。  
d0173368_7334131.jpg

       シンプルなものは飽きない・・・・・。おいしい!
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-07 07:36 | 食材
10月6日(木)10時~金山総合駅のコンコースのイベント会場で岐阜県揖斐川町から元気なお母さんたちが地元で取れた野菜・特産品などを用意して一日だけの「大特産市」を開催していた・・・・・。
d0173368_11301251.jpg

  10時ちょうど5分前に横を通りかかったら・・・・たくさんの人だかりができていた・・・・。

利平栗でつくった「栗きんとん」の御菓子や農作物がたくさん並べてあって目移りする・・・・・・。
d0173368_11342650.jpg


       きょうのおやつ。
d0173368_208997.jpg

d0173368_2084360.jpg

[PR]
by morimori42185 | 2011-10-06 11:35 | 季節
10月5日11時~名古屋市・熱田区の「白鳥庭園・清羽亭」におきまして、だしの美味しさを再発見する集い・・・・を開催させていただきました。  定員の21名の方達にご参加いただきまして、しっとり雨にぬれる庭園を見ながら白鳥庭園の会場内を堪能していただきながら、また「だし」をあじわう一日となりました・・・・。
d0173368_3505653.jpg


           今日のだしの素材のメインテーマは「昆布」と「鯛にぼし」・・・・。
鯛にぼしと昆布をつかった味噌汁。 鯛にぼしをお酢につけたもの。 昆布は今回、「真昆布」を使用させていただきました。
d0173368_443196.jpg

                  「真昆布」を引き上げたところです。
d0173368_46489.jpg

         「利尻こんぶ」 天然もの。
d0173368_482100.jpg
 
たのしい会話で盛り上がり、「昆布はいつ引き上げたら、おいしく食べられるのか?」「鯛にぼしは一度オーブントースターで3分焼いてから、合わせ酢(きょうは、米酢・ワインビネガー・メープルシロップ・塩・こしょう)に熱いまま漬け込んだのがおいしい!  と感想とか、質問を受けました・・・。皆様方がとても熱心に参加していただいていることを感じて・・・とてもうれしい・・・交流ができました。
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-06 03:59 | 料理教室
どれだけあなたはほっとしているのですかぁ?   とつっこみをいれられても何もいえない「森の食卓 乾物」です・・・・。   朝からガイドヘルパーに出たときは一人お茶する私です。  いろいろな名古屋的モーニングを開拓して、みなさまにお知らせできれば・・・・と思います。
ここは私にとって隠れ家的な存在。  教えたい・・・・いや、また今度・・・・。と何度も写真は撮ったけれど今回紹介いたしましょう~。 ちょっと大人の感じで落ち着きます。
d0173368_12342095.jpg

朝のモーニングの時間が長い。8時~ 11時までモーニングのサービスが受けられる。  トーストかワッフルか選べます。 ゆで卵も。 とにかく香り高いコーヒーがいただけます。 それがこの店のいいところ・・・・。
d0173368_12375927.jpg

              地下鉄「神宮西」駅の出口の目の前です。
d0173368_12392314.jpg

                「尾張ブレンド」がマイルドです・・・・。わたしはこれが好き。

みなと珈房(みなとかぼう) 

        
[PR]
by morimori42185 | 2011-10-04 12:43 | 好きなもの